このサイトについて



正教会の奉神礼と聖歌に実際に関わる人のための試行錯誤の奉神礼聖歌研究LITURGIAのホームページです。

正教会が使徒時代から
聖伝Holy Traditionとして受け継いできた奉神礼とそこに音楽という彩りを与え祈りへと変容してゆく聖歌を実践的に考えます。今まで集めた資料、頂いたり、作ったりしてきた楽譜も紹介しています。お祈りの順番がわかりやすいように工夫したもの、開離(ハ長調の広いハーモニー)ではなくて密集(ヘ長調の狭いハーモニー)に変えたもの、各国から来られる方が増える中で集めたロシア、ルーマニア、ウクライナ、グルジア、セルビアなどの聖歌、八調などは祈祷文を見ながら楽譜なしで歌うのが本来ですが、手助けとして作った楽譜などさまざまです。何かのご参考になることもあるかと思い、アップすることにしました。

姉妹サイト「東方正教会の聖歌」と重複しているものもありますが、このLiturgiaサイトの方がより実践的な資料を多く含みます。 聖歌の歴史や奉神礼神学的な意味については「東方正教会の聖歌」ページをご覧ください


資料の作成、祈祷文や楽譜の入力には多くの方のお力をお借りしました。
   (入力作業には、故イアコフ兄、アナスタシア姉の仕事に多くを負っています。)


  サイトデザインは、マリアまつしま(サイト責任者)、キリル井上(2006年3月9日永眠)が作成しました。
     親愛なる義弟キリルに「永遠の記憶」を祈りつつ。アミン。