主日・大祭の徹夜祷の式順 *網掛けは現行で省略されている部分
  主日 備考 祈祷書 大祭 備考 祈祷書
  9時課が晩課の直前に行われる     9時課が晩課の直前に行われる    
  司祭「光栄は一体にして」     司祭「光栄は一体にして」    
  「来たれ」   時課経P175 「来たれ」   時課経P175
  首誦聖詠(103聖詠)   時課経P175 首誦聖詠(103聖詠)   時課経P175
  大連祷   奉事経 大連祷   奉事経
  カフィズマ「悪人の謀」 カフィズマ第1段 聖詠経 カフィズマ 祭日経の指示に従う。 聖詠経
  小連祷   奉事経 小連祷   奉事経
  「主や爾に呼ぶ」と その週の調 時課経P179 「主や爾に呼ぶ」と 指定の調で 時課経P179
スティヒラ   八調経 スティヒラ   祭日経
  「光栄は」「今も」          
  生神女讃詞   八調経 生神女讃詞   祭日経
  聖入「聖にして福たる」   時課経P185 聖入「聖にして福たる」   時課経P185
  ポロキメン 曜日のポロキメン 時課経P185 ポロキメン 曜日のポロキメン 時課経P185
  重連祷   奉事経 重連祷   奉事経
「主や我等を守り」   時課経P190 「主や我等を守り」   時課経P190
  増連祷   奉事経 増連祷   奉事経
  リティヤのスティヒラと   八調経 リティヤのスティヒラと   祭日経
  リティヤ              奉事経 リティヤ              奉事経
  挿句のスティヒラ   八調経 挿句のスティヒラ   祭日経
  シメオンの祝文   時課経P191 シメオンの祝文   時課経P191
  「聖三祝文 〜 天主経」   時課経P192 「聖三祝文 〜 天主経」   時課経P192
  トロパリ   八調経 トロパリ 3回 祭日のトロパリ 祭日経
  五餅の祝福              五餅の祝福           
  祈祷の終わり   奉事経 祈祷の終わり   奉事経
  33聖詠(1〜10節)   時課経P197 33聖詠(1〜10節)   時課経P197
  司祭祝福     司祭祝福    
  「至高き」   時課経P58 「至高き」   時課経P58
  六段の聖詠(第3、37、62、87、102、142) 前半のみ 時課経P58 六段の聖詠(第3、37、62、87、102、142) 前半のみ 時課経P58
  大連祷   奉事経 大連祷   奉事経
  「主は神なり」トロパリと生神女讃詞   八調経 「主は神なり」祭日のトロパリ   祭日経
  聖詠誦読     聖詠誦読    
  第2カフィズマの読み 第9-16聖詠   最初のカフィズマの読み 曜日による  
    小連祷       小連祷    
    セダレン       セダレン    
第3カフィズマ 第17-23聖詠   2つ目のカフィズマ 曜日による  
    小連祷       小連祷    
    セダレン       セダレン    
  第118聖詠またはポリエレイ ポリエレイ 聖詠経 ポリエレイ   聖詠経
  「主よ爾は崇め讚めらる」     讃歌  ロシア系教会のみ  
    小連祷   奉事経   小連祷   奉事経
  イパコイ   八調経 イパコイ   祭日経
  登上の歌(ステペンナ) その週の調のアンティフォン1つ 八調経     祭日経
  その週の調のアンティフォン3つ   アンティフォン4調 歌う    
  ポロキメン   八調経 ポロキメン   祭日経
  凡そ呼吸ある者   奉事経 凡そ呼吸ある者   奉事経
  福音の読み(11の復活福音)   福音経 福音の読み   福音経
「ハリストスの復活を見て」     「ハリストスの復活を見て」 ない場合もある  
  第50聖詠   聖詠経 第50聖詠   聖詠経
  福音後のスティヒラ     福音後のスティヒラ    
  連祷「主や爾の民を救い」   奉事経 連祷「主や爾の民を救い」   奉事経
  「主憐めよ」12回 「主憐めよ」12回 奉事経 「主憐めよ」12回   奉事経
  カノン 第1の復活のカノンのみ 八調経 カノン   祭日経
    1.復活のカノン      
    2.十字架のカノン      
    3.生神女のカノン      
    4.聖人のカノン   月課経      
  第1歌頌、第3歌頌     第1歌頌、第3歌頌    
  小連祷     小連祷    
  セダレン     セダレン    
  第4歌頌、第5歌頌、第6歌頌     第4歌頌、第5歌頌、第6歌頌    
  小連祷     小連祷    
  コンダクとイコス     コンダクとイコス    
  第7歌頌、第8歌頌、第9歌頌     第7歌頌、第8歌頌、第9歌頌    
  小連祷     小連祷    
  「主我等の神は聖なり」    時課経P76     時課経P76
  エクサポスティラリ   八調経 エクサポスティラリ/光耀歌   祭日経
  生神女讃詞   八調経     祭日経
  讚揚歌「凡そ呼吸ある者」 後半省略 時課経P77 讚揚歌「凡そ呼吸ある者」 後半省略 時課経P77
  スティヒラ+福音スティヒラ   八調経 スティヒラ   祭日経
  生神女讃詞   八調経 生神女讃詞   祭日経
  大詠頌   時課経P81 大詠頌 十字架挙栄祭は特別 時課経P81
  聖三祝文   時課経P83 聖三祝文   時課経P83
  定規のトロパリ 1、3、5、7調        2、4、6、8調 八調経 祭日のトロパリ   祭日経
  重連祷   奉事経 重連祷   奉事経
  増連祷   奉事経 増連祷   奉事経
  祈祷の終わり   奉事経 祈祷の終わり   奉事経
  司祭祝福   奉事経 司祭祝福   奉事経
  正教のハリスティアニンを」   奉事経 「正教のハリスティアニンを」   奉事経
  司祭発放       奉事経 司祭発放       奉事経
  1時課へ続く     1時課へ続く    
  注意○ 聖枝祭は三歌斎経
昇天祭・五旬祭は五旬経参照
カノンについての詳細
参考:複数のカノンを重ねて行う時は、(たとえば、主日カノンが3つ+聖人のカノン)
1歌頌   ※現行では、網掛けの部分が省略されている。  
  第1のカノン イルモス 歌う
  (復活のカノン) 冠詞   「主よ、光栄は爾の聖なる復活に帰す。」
  讃詞(トロパリ)  
  冠詞   「主よ、光栄は爾の聖なる復活に帰す。」
  讃詞    
     
    以下同様に
     
  冠詞   光栄は、今も
    讃詞   (最後の讃詞)生神女讃詞の場合が多い。
  第2のカノン イルモス 歌う
  (十字架と復活のカノン) 冠詞   主よ、光栄は爾の聖なる十字架と復活に帰す。
    讃詞    
    冠詞    
    讃詞    
       
      以下同様に
       
    冠詞   光栄は、今も
    讃詞   (最後の讃詞)
  第3のカノン イルモス 歌う
  (生神女のカノン) 冠詞   至聖なる生神女や、我等を救い賜え
    讃詞    
    冠詞   至聖なる生神女や、我等を救い賜え
    讃詞    
       
      以下同様に
       
    冠詞   光栄は
    讃詞   (最後から二つ目の讃詞)
    冠詞   今も
    冠詞   光栄は、今も
  第4のカノン イルモス 歌う
  (聖人のカノン) 冠詞   聖人の肩書きと名前+我等のために神に祈り給へ。
    讃詞    
    冠詞   聖人の肩書きと名前+我等のために神に祈り給へ。
    讃詞    
       
      以下同様に
       
    冠詞   光栄は、今も
    讃詞   (最後の讃詞)
    カタワシャ 歌う。
    カタワシャとなるイルモスは祈祷書の指示に従う。  
以下同様に、第9歌頌まで行う。
最後から二つ目の讚詞に「光栄は」、最後の讚詞に「今も」をつける場合もある。
ただし、第8歌頌は、「光栄は」のかわりに、「父と子と聖神の一なる神を讃め揚げん。」
冠詞と附唱は同じように用いられるが、正確にはトロパリに先行するのが冠詞(エピフォン)、後に続くのが附唱(ヒポフォン)。
カノンの主な冠詞の一覧
主日のカノン      
  復活 主や光栄は爾の聖なる復活に帰す。
  十字架と復活 主や光栄は爾の聖なる十字架と復活に帰す。
祭日  
  主宰の祭(特に記載がなければ) 主や光栄は爾に帰す、光栄は爾に帰す。
  降誕祭 ハリストスは人となりて、依然として神なり。
  神現祭(主の洗礼祭) 洗礼は地に生まるる者の諸罪の潔なり。
  十字架挙栄祭 十字架を頼みて歌頌を捧ぐ。
  聖枝祭 「オサンナ」ハリストス、崇め讃めらるる神。
  五旬祭 至聖なる三者、我等の神よ、光栄は爾に帰す。
  生神女の祭(特に記載がなければ) 至聖なる生神女よ、我等を救い給え。
  迎接祭 翁はよろこばしくハリストスを抱く。
  生神女就寝祭 神智者は慶賀すべし  
  生神女進殿祭 女宰よ、爾ことばに恩寵を与えよ。
  十字架挙栄祭 主や、光栄は爾の聖なる十字架に帰す。
  前駆授洗イオアン 救世主の聖なる前駆授洗イオアンよ、我等のために神に祈り給え。
  聖使徒の祭 ハリストスの使徒聖(  )よ、我等のために神に祈り給え。
  預言者の祭 神の預言者(  )よ、我等のために神に祈り給え
祭日によっては祭日経などの祈祷書に冠詞が記載されていないものもある。