講 座 ズナメニイ聖歌に親しむ
2008年4月開講 
 

参考資料


2008年4月から名古屋ハリストス正教会で、ロシアの古聖歌、ズナメニイ・チャントの講座を始めました。講師はペテルブルグ音楽院古音楽学科でズナメニイ聖歌を学んできたイグナティ杢代稔氏に手ほどきを受け、さらにリガの旧儀式派で発行された教科書を中心に、1901年のオビホードなども参考にしながらゼミ形式で学びました。
ズナメニなどの古チャントは、奉神礼そのものから生まれた聖歌で、言語テキストと音楽の一致が重要視されており、今後の日本語聖歌を考える上でも大変参考になります。


今までの内容

1. ズナメニイ・チャントの記号の読み方 その1 キナバル記号(音の高さ)  4月12日
2. ズナメニイ・チャントの記号の読み方 その2 クリュキー(音価、動き、表現) 5月3日
3. 「天の王」(Царю небесныи)6調を歌ってみる 5月3日6月14日
4. ポペフキ(попевки)について 6月14日
5. スラブ語について、数字の読み方 6月14日
6. ポペフキのつづき、「天の王」を歌ってみる。8月30日
7. 宿題「常に福」8月30日
8. 常に福を解読する。ポペフキの続き 9月20日

半年間休講 4月から再開
9. パスハのトロパリを歌ってみよう。キエフ譜(四角音符)でズナメニイに親しむ。09年4月25日
10. 「常に福」をクリュキーで読む(8に同じ)。キエフ譜の「昇天祭」4調のトロパリ。5月27日
11. 「常に福」後半、4調のトロパリ、6月20日
12. キナバルとクリュキー。「常に福」日本語でズナメニイを歌ってみよう、1調「主は神なり」とトロパリ 7月18日
13. 八調(オスモグラシエ)、1調の特徴、ズナメナ 8月19日
14 八調(オスモグラシエ)、1調の特徴、リツァ・ポペフキ 9月19日

次回
15. 八調(オスモグラシエ)、1調の特徴、リツァ・ポペフキ 続き 10月24日(土)10:00〜

ズナメニイ聖歌 参考資料集


    ○ロシアのチャントについて 「ロシア正教会の聖歌」J.V.ガードナー第3章から


ズナメニイ聖歌 日本語で歌ってみよう
キエフ譜表や解読出版されたものを参考に、日本語の歌詞で歌ってみます。ズナメニイなどチャントの音楽付けは、メロディ定型をあてはめて構成してゆきますが、歌詞の内容、語句のイントネーション、意味などに留意し、歌詞の内容がきちんと描き出されるように調整します。

「日本語で歌ってみよう」のページへ
  楽譜 MP3